2010年9月17日金曜日

再加熱?

今日は県外の方が、津市NPOサポートセンターの視察にみえました。

最近また、全国各地で市民活動の中間支援団体(センター)を作ろうという動きが再加熱しつつあるようです。

三重県は恵まれていることに、津市、松阪市、四日市市、鈴鹿市、桑名市、伊勢市、名張市、伊賀市、亀山市、明和町、志摩市、いなべ市などなど10以上もの市町に市民活動支援センターがあります。
(ここに書いてないところにもあります)

支援センターがなくとも、様々な中間支援組織が存在します。


先日訪れた富山県富山市では、市民活動支援センターがなく、若者を中心に中間支援組織を作る動きがありました。


もしかしたら、これからまた行政主導で市民活動センターのようなハードがポコポコできあがってくるかもしれません。
ハード管理をしてしまうと、どうしても動きが鈍くなってしまう(ソフト面が弱くなりがち)という欠点はありますが、事業展開のしやすさはハードがあるのとないのとでは段違いです。

上手くハードを管理しつつ、地域のために事業展開をしていく。
コツさえつかめばそんなに難しくはないのですが、そのコツをつかむまでが結構大変なんですよね。


全国的に市民活動がまた熱くなってきそうな感じです。
三重県の市民活動センターも、他県の方に「おぉ~」と言っていただけるよう、動いていかなきゃいけませんね。


っということで、今日は「みえNPO検討会」です。
http://www.mienpocenter.org/kentoukai.html

0 件のコメント:

コメントを投稿