2019年2月14日木曜日

起業応援プロジェクト ~新しく起業する(した)人たちを 参加者みんなで応援するワークショップ~


津市NPOサポートセンターでは、起業、創業、商店街関係者向けの「商店街カフェ」という取り組みを全4回開催してきました。

その中で、起業したい参加者の方たちに、どんな起業をしたいのか、もしくはすでに起業している場合、これからどんな方向で展開していきたいのかなどをプレゼンしていただく機会を設けることとしました。

参加者の方は、そのプレゼンを聞いて、「こういう連携ができるよ」とか、「こういう支援ならできるよ」とか、「うちの空いている場所使っていいと」といったように、起業する(した)人たちを参加者みんなで応援していきたいと思います。

起業は孤独です。
そういった孤独を支えあえる地域にしていきたいですよね。


(1) 起業する(した)人がプレゼンをします。
(2) プレゼンを聞いて参加者が応援したい、一緒に何かしたいと伝えます。
(3) 目的が合致すれば、新しい未来の扉が開きます。

今回発表していただく起業家たち




黄山 昇(オウヤマ ノボル)  起業1年目  社名:Dream3.0

「地方には、若者にとって、夢やワクワクが少ない。だから若者は、刺激を求めて都会に魅力を感じる。」しかし、”ないものねだり”ばかりでは何も始まりません。だから、地方に居ながらも、都会に負けないチャンスを掴むことができるようなイベントを開催しています。これまでに、「手がけたビジネス本は100万部突破し、経済界中心に話題沸騰の天才編集者」箕輪厚介さん、「破天荒な企業再生物語はドラマ化間近と言われる」株式会社OWNDAYS 田中修治社長をお招きした講演会を津市で行い、のべ350名の方にお越しいただきました。これらのイベントを創り出す過程で、世代を越えた学びや気づき、刺激を創り出し、アップデートを繰り返す次世代型コミュニティ形成を目指して活動しています。



葛西 博実(カサイ ヒロミ)  起業2年目  社名:ミノリノデザイン

デザイン業として開業、主にグラフィックデザイナーとして活動し、同時に現在美術(図工)教員としても私立高等学校、公立小学校で勤務しています。
具体的なプランは無いのですが、「三重という場所は面白い事やるんだな」と国内外問わず思われるような企画を仕掛けられたら嬉しいです。
更にその土壌を次の世代に渡せるように整えていけたらと思っています。





高橋 覚(タカハシ サトル)  起業準備中

わかりやすさ基本の斬新なボードゲームメーカーを起業したいです。目で見て直感で理解できる わかりやすさと親しみやすいカジュアルデザインで、いろんな企業や趣味とコラボレーションしたい。 音楽や映像で自作のコマーシャルを制作したりイベント活動をします。プラモデルやオモチャや造形も含めて、新しいアイデアが出せます。ボードゲームの枠を超えて、世代も趣味嗜好もデジタルも含めて様々なアイデアを繋げていきたいです。また、ボードゲームに限らず面白いイベント企画なら、なんでもやりたい!映画制作もしてみたい。いろんな想いや遊びを繋げたい。スポーツでも芸術でも音楽でも、おもしろければ誰でも楽しめるような遊びを作っていきたい!三重県内在住の外国人とも繋がり、三重と世界中を繋げてみたい。三重県で、いままでにないことをしてみたい!




濱地 雄一朗(ハマジ ユウイチロウ)  起業準備中

WEBマーケティング・ITクラウド導入サポートを中心に事業者さんのお力になりたいと考えています。私自身、"三重県"というキーワードで社会人生活を過ごしてきまして、まだ知らぬ"三重県"に出会うことに楽しみを持っています。その一方で、まだまだ知られていない"三重県"をもっと多くの人々に知っていただきたいという思いが強くなりました。
私の使命は「あなたと三重の”人”、”場”、”物”、”事”をつなげていく。」です。三重県内のHP/SNS運用などに課題を持たれている事業者さんを対象に<状況分析→運用方針の決定→運用サポート(配信内容提案、撮影/記事など運用代行)>を行い、最終的にはお客様自身が運用できるように実装支援を行います。そのほか、自身の経験を生かし"ITクラウド導入支援"や"商品開発サポート"など事業者さんとのお話に応じて柔軟に幅広く課題解決のお手伝いをしたいと考えています。


-------------------------------------------------

◆日 時:2019年3月18日(月)13:30~15:30

◆場 所:津市市民活動センター 地下1階 会議室A・B(津市大門7-15 津センターパレス 地下1階)

◆定 員:15名

◆参加費:無料

◆対 象:対象:個人商店、行政、企業、NPO、個人問わす、新たな起業・創業者を応援したい人。一緒に新しいビジネスを始めたい人、考えたい人。起業を考えている人。


主催・お問い合わせ・お申し込み先
特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3階
TEL:059-213-7200  FAX:059-213-7201
Email:center@tsushimin.org  URL:https://tsunpo.jimdo.com/


▼お申し込みはこちらからもできます

2019年1月29日火曜日

起業・創業者向け、少人数制講座【商店街カフェvol.04】開催します

【 会場決まりました (2019年2月6日) 】
遅くなってしまい、ご迷惑をおかけしました。
会場:
津市市民活動センター 地下1階 会議室B(〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス地下1階)


◆ 参加申し込みページ:こくちーずの申し込みページが開きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

起業・創業者向け、少人数制講座
起業・創業者商店街店主
事例勉強会繋がりの場 
商店街カフェvol.04

◆ 起業・創業者(予定者)、商店街関係者、行政の3者がつながり、学べる講座です。
◆ 講師の体験や、いままでの取り組みなどを聞くことで、今後の仕事や行動のヒントを得ることができます。
◆ 少人数制の講座なので、講師と近い距離で質問・対話ができます。

将来、津市の商店街が、起業しやすく、挑戦的な取組ができる場所になれるような仕組みづくりを行いたい。本講座は、その第一歩として、起業された方々を講師に迎え開催してきました。

第4回目(最終回)の今回は、NPO法人日本ボリビア人協会の代表山田ロサリオさんを講師に迎え、
多様性のある未来、多様性のある商店街をテーマに
・日本ボリビア人協会を立ち上げた経緯
・津市における外国人の課題
・外国人から受けた起業相談と、ロサリオさんからの提案
について、お話いただきます。


◆ 講 師


山田ロサリオさん
NPO法人日本ボリビア人協会代表

ボリビア出身。ボリビアで日本人男性と結婚。
子どもに日本の教育を受けさせたいと考え1989年に来日。
1995年、阪神大震災で被災した外国人労働者を支援する通訳ボランティアを務めたことを機に関西ボリビア人協会を設立し、スペイン語による相談窓口をスタートする。
2010年に日本ボリビア人協会に名称変更し、2012年NPO法人化。
現在は年間200件もの在日外国人の生活相談に対応するために全国を飛び回る傍ら、日本語学習支援や日本とボリビアの文化交流行事にも取り組んでいる。

◆ 日 時:2019年2月18日(月)19:00~21:00

◆ 参加費:500 円(当日現金払い)

◆ 定 員:15 名(最小実行数:4 名)

◆ 会 場:津市市民活動センター 地下1階 会議室B(〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス地下1階)

◆ 参加申し込みページ:こくちーずの申し込みページが開きます。

◆ 主催
特定非営利活動法人 津市NPO サポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3 階
TEL. 059-213-7200  FAX. 059-213-7201  
center@tsushimin.org  https://tsunpo.jimdo.com/

<起業・創業者向け、少人数制講座>商店街カフェ vol.03 実施しました。



<起業・創業者向け、少人数制講座>
起業・創業者、商店街向け 事例勉強会と繋がりの場【商店街カフェ vol.03】に、
皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

地域資源活用、農商工連携、事業継承・持続化、農林漁業者の6次産業化、等をテーマに活動中で、
公益財団法人三重県産業支援センター 三重よろず支援拠点コーディネーター
津市ビジネスサポートセンター ビジネスコーディネーター
などを務めていらっしゃる、髙垣和郎さんに講師をお願いしました。




講座では、

・ビジネススタイルが多様になり、様々な手法で起業して事業を行えることができるようになった一方で、既存のパターンに自分の起業スタイルをそのまま当てはめれば上手くいく、ということがなくなってきた。

そのため、
・商品(サービス)を誰が買ってくれるのか、をよく分析すること。
・商品(サービス)に自分という要素を加えること(同じものを販売したときに自分のものをいかに手に取ってもらえるかという視点を持とう)。
がより大切になった。

・国や、市県の行政の仕組みから、補助金を創業や事業の継続にうまく取り入れるタイミング

・地方と都会での違いを活かす、田舎やからこれはできない、でなく、田舎だからこれができるという視点で、津でビジネスを行う意味を見出そう。

といったことをお話しただきました。




すでに起業されている方・近く起業予定の方がほとんどでしたので、
終了後、講師と参加者、参加の皆さま同士での共有タイムを多く設けることとなり、
事業展開について、今後、個々に講師にご相談いただける機会となりました。

会場は、商店街調査でもお世話になっている二ノ町商店街のある津商工会議所久居支所 久居商工会館さんをお借りしました。
ありがとうございました。


さて、次回、商店街カフェvol.04 は、
NPO法人日本ボリビア人協会の代表 山田ロサリオさんを講師に迎え、
多様性のある未来、多様性のある商店街をテーマに、
・日本ボリビア人協会を立ち上げた経緯
・津市における外国人の課題
・外国人から受けた起業相談と、ロサリオさんからの提案
について、お話しいただきます。
現在、会場が決まっていないため、お申込も開始できておりませんが、開催日をご確認頂けますと幸いです。

2019年1月24日木曜日

【募集中】津市NPOサポートセンター 会計スタッフ募集

現在、津市NPOサポートセンターでは、施設管理業務を行いながら、津市内のNPO・市民活動の支援やイベントの開催に関する業務に携わっていただけるスタッフを募集しています。

■募集内容         
 パートスタッフ 1名

■雇用期間         
 雇用開始日~2019年3月31日 ※ただし更新あり

■就業場所                  
 津市市民活動センター
 (三重県津市大門7-15 津センターパレス3階・地下1階)

■業務内容         
 津市NPOサポートセンターの会計に関する業務
  津市NPOサポートセンターの法人全体の会計業務に携わっていただきます。
  事業に応じた入出金や会計ソフトへの入力、給料計算などの経理業務と、
  労務関連のサポートをしていただきます。

■就業時間・休憩時間    
 10:00~18:00(うち1時間休憩) 月10日~12日程度

■所定時間外労働、休日労働 
 必要に応じて有

■休 日          
 月10~12日の出勤を目安に、自身で出勤日と休日を設定していただきます。

■休 暇          
 6ヶ月継続勤務した場合の年次有給休暇 有

■賃金、手当        
 賃 金:時給1,000円
 通勤手当:実費支給。ただし、1ヶ月11,000円を上限とする。
  ※マイカー通勤のため勤務先周辺の駐車場を利用する場合は、
   仕事での利用に限り月5,000円までの駐車場手当を実費支給する。
 昇 給:有 
 賞 与:無
 退職金:無

■退 職          
 定年制:無 ※自己都合での退職は2か月前に申し出る事

■加入保険         
 勤務時間に応じて雇用、労災に加入

■専用の駐車場、社用車   
 無

■必要な経験        
 パソコン(Windows)のワード、エクセル、メールの基本操作ができること
 ※採用には会計関係の知識のある方を優先します。

■必要な資格        
 簿記3級(またはそれと同等の資格や経験)

■学歴・国籍・性別・年齢  
 不問

■応募方法         
 履歴書(写真貼付:6カ月以内に撮影)を郵送、メールで
 お送りいただくか、ご持参ください
 書類選考通過後、面接の日時を事務局より連絡いたします

■応募締切         
 決まり次第募集を締め切ります

■応募先・問合せ      
 津市市民活動センター(担当:川北、安宮)
 〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3階
 TEL:059-213-7200 E-mail:center@tsushimin.org

2019年1月5日土曜日

起業・創業者向け、少人数制講座 【商店街カフェvol.03】開催します。

2019年1月28日開催

起業・創業者向け、少人数制講座

起業・創業者
商店街店主
事例勉強会繋がりの場 
商店街カフェvol.03


◆ 起業・創業者(予定者)、商店街関係者、行政の3者がつながり、学べる講座です。

◆講師の現在までの取り組みや事業支援事例を聞くことで、今後の仕事やビジネスの行動のヒントを得ることができます。

◆補助金や相談窓口などの行政等の支援策について知ることができます。

◆学生・ビジネスマン・ビジネスウーマン・主婦(夫)・起業創業者及び考えている方・事業商店主さんなど、今のビジネスに関心のある方が対象です。

将来、津市の商店街が、起業しやすく、挑戦的な取組ができる場所になれるような、仕組みづくりを行いたい。本講座は、その第一歩として、起業された方々を講師に迎え、
・様々な事例の紹介
・起業開業する上で気をつけたいポイント
・仕事・ビジネスで大切にしていること
・これまでの取り組み
・ビジネスをしていくうえでの役に立つ情報
などについてお話いただきます。


◆ 講 師
髙垣 和郎(たかがき かずお)



学生時代より映画製作に携わり、現在も各種映画製作プロデュースに関わる。

県内及び中部地域の百貨店の企画担当、地域情報雑誌編集、テレビラジオ番組製作、イベントプロデュース等に各地で関わる。

木工・製材機械、食品機械、ガラス加工機械、金属加工、搬送機械やプラントの機械メーカーで、製造現場、メンテナンスサービス、新規開拓、営業、総務経理等、各種マネジメント業務に従事する。

現在は、地域資源活用、農商工連携、事業継承・持続化、農林漁業者の6次産業化、等をテーマに活動中。
・公益財団法人三重県産業支援センター 三重よろず支援拠点コーディネーター
・津市ビジネスサポートセンター ビジネスコーディネーター
・特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター 理事
・地域商社みえご縁市場 プロジェクトリーダー
・農林水産省中央・三重県6次産業化サポートセンター6次産業化プランナー
・農林水産省GI(地理的表示保護制度)サポートデスク 東海ブロック統括アドバイザー
・経済産業省中小企業支援ネットワークアドバイザー
・津フィルムコミッション「ロケっ津」代表


◆日 時:2019年1月28日(月)19:00~21:00
◆会 場:
津商工会議所久居支所 久居商工会館 3階研修室(〒514-1135 三重県津市久居本町1347-1)
※駐車場:商工会議所下の駐車場をご利用いただけます。
◆ 参加費:500 円(当日現金払い)
◆ 定 員:15 名(最小実行数:4 名)

◆参加申込ページ
こくちーずプロ:
https://www.kokuchpro.com/event/5d92bf307386d8d3dbb847987d9bb763/
 
◆ 主催
特定非営利活動法人 津市NPO サポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3 階
TEL. 059-213-7200  FAX. 059-213-7201  
center@tsushimin.org  https://tsunpo.jimdo.com/

2018年12月19日水曜日

<起業・創業者向け、少人数制講座> 商店街カフェ vol.02 実施しました。





起業・創業者、商店街向け 事例勉強会と繋がりの場【商店街カフェ vol.02】では、
皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

講師は、㈱ 地域資源バンクNIU 代表取締役 西井勢津子さんにつとめていただき、
地域の良さを事業化するというところを中心に、お話しいただきました。



・なんとかならんかな、という地域からの問い合わせ
・自分が惚れ込んだ地域資源
を、自分の視点(アイデア)と持てる力(知識)で採算を取れる仕組みにする。

その仕組み作りを、たくさんの人と一緒に行う。

その結果、現在ある事業の具体的な内容と、その分析を伺うことができました。

都市と農村をつなぎ、
地域資源を活用する事業を通じて、
持続可能な地域づくりに貢献する
が、企業理念。
ということで、たくさんのプロデュース、コーディネートを行っていらっしゃいましたが、失敗もあったそうで、プロデュースの失敗から学んだこと、もうかがえました。

商店街カフェ2回目で、二人の経営者の話を伺いましたが、
異なる経営感、それぞれの独自の視点と観察がある一方で、
仕事に取組む際の判断には共通点も見られて、
そこはやっぱり大事なことなんだと感じています。

会場は、津新町通り商店街のチカザワジムさんの施設を使用させていただきました。
最後になりましたが、チカザワジムさん、講師の西井さん、ありがとうございました。

<起業・創業者向け、少人数制講座> 商店街カフェ vol.01 実施しました。




12月4日に、(株)FAMIEの若林さんを講師に迎えた「起業・創業者、商店街向け 事例勉強会と繋がりの場 #商店街カフェ」を実施しました。
ご参加いただきありがとうございました。

起業を視野に来ていただいた参加者の皆さまからは、自分がこれから起業するに際して、
若林さんはこういうところはどうしてきたんだろう?といった、具体的で真剣な質問が、どんどん出てきて、また、若林さんには、率直に、なんでもお話いただきました。




起業時当初は、2年で終わると言われたこともあったそうですが、もう8年、業績も上昇しながら、運営されています。
起業するといろんな声を受けるけれど、自分のスタイルを持つことは大事だと感じているそうです。

「誰かの困りごと」と「誰かの困りごと」を掛け合わせてプラスの事業にしていくといった、マイナス×マイナス=プラスのような法則を、実社会で、実現していらっしゃいました。

改めまして、ご参加いただいた皆さま
講師の若林さま、ありがとうございました。

そして、率直で、ぶっちゃけた、起業家の濃い体験談は、当日講師から直接にしか聞くことはできないなと感じています。