2010年5月7日金曜日

日替わりシェフの店 コミュニティレストラン「O+」 オープン!!

2010年5月6日(木)に、コミュニティレストラン「O+」がオープンしました。
※コミュニティレストラン「O+」とは



O+」とは、2009年9月に三重大学生がオープンしたCafe&Barです。
大学と地域を結ぶ拠点として、学生たちが自分たちのお金で店を立ち上げました。
経営者が学生ということもあり、オープンが夜の19時~24時。

彼らを応援する大人たちや学生がどんどん集まってきて、O+は徐々に軌道に乗り始めました。

そんな中、彼らが、とあるイベントで「こらぼ屋」の海山さんと出会いました。
そこで海山さんが開発した地域の主婦や学生が日替わりでシェフをしランチを提供することで、コミュニティの再生を目指す「ワンデイシェフ・システム」をO+で取り入れられないかという話になりました。


しかし、O+は学生なのでランチの時間帯のコーディネートをすることは困難でした。

そこで、津市NPOサポートセンターがO+と連携をし、昼のコーディネートを行うことになりました。

それがコミュニティレストラン「O+」です。


で、話は戻って、そんなコミュニティレストラン「O+」が2010年5月6日にオープンしました。


夜は三重大学生がマスターをするCafe&Barとして。
昼は日替わりシェフがおいしいランチを提供するコミュニティレストランとして。
「O+」はパワーアップしました。

ランチは1種類のみで、金額は800円。
現在は、1日20食程度の提供となります。


お近くにきた際には、ぜひお立ち寄りください。
そしてお気に入りの味、お気に入りのシェフさんを見つけてください。


現在はオープンして2日目。
告知がまだまだ行き届いていないのが反省点です。

しかし、1日目は、知合いの方を中心に20食完売。
2日目は、大雨の中、10人以上の新規のお客さんが来てくれました。

マスコミの方もたくさん来ていただいたので、今後の動向に期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿