2010年6月6日日曜日

津のブログポータルサイト「津のこと」について

津のこと」という津のブログポータルサイトがあります。
このポータルサイトの管理・運営も津市NPOサポートセンターの仕事です。



このポータルサイトの制作・管理・運営は津市からの委託事業です。
サイトは平成20年12月にオープンしました。
3年間の事業なので、今年度で委託は終了となりますが、面白い可能性を秘めているので継続していきたいと考えています。


きっかけは、津市の文化・観光情報をブログサービスを用いて発信するというところから始まりました。
しかし皆さんご存知の通り、ブログやSNSなどのサービスは大手企業から地方自治体関係まで、様々な機関がこれでもかっ!というぐらい立ち上げています。

多くの方は大手のブログやSNSをメインに使っています。
その中で地域への関心が強い方などは、知り合いに頼まれてローカルSNSなどに入会しているという現状もありました。


ここまで似たようなサービスが出てくると、利用者は次の傾向に陥り易くなります。

メインのサービスで記事を書く → 頼まれて使っているサービスに記事をコピペする → そのうち疲れて辞める


これって情報を使って地域活性するどころか、貴重な情報を衰退させていることになりますよね。
そういう現状をみて考えたのが「既存のサービスを使っていると、他の手間は何もいらず、だけどローカルなサービスを使っている」という仕組みができないだろうかということでした。
これが成功すれば確実にコストダウンも図れると考えたからです。


そこで相談に乗ってもらったのが、株式会社 ユナイテッドワークスの北川君でした。
北川君とは彼が高校生の時からの知り合いで、大学を中退してIT会社を起業したことを聞いていたので、ぜひ何か一緒にできればと話を持ちかけました。


その中で誕生したのが「津のこと」でした。


これは既存のブログサービスのURLを登録することで、津のことに新着記事が掲載されるといういたってシンプルな作りです。
また、「津市民(または津市に関係する人)が書いている記事は全て津市のこと。無理して津市を意識した記事を書かなくていい。」という緩い囲いを設けました。
これが、他のローカルなブログサービスには無かった仕組みだったため功を奏しました。


今までと同じように、既存のブログを更新しているだけなのに、何故か津市民としての一体感があるという感覚を作りだすことに成功しました。
当然まだまだ改良の余地はあります。
しかし今後の成長に期待できる結果となりました。


せひ一度そんな「津のこと」を覗いていただければ幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿