2010年6月30日水曜日

「お前に勝てる」


現在、発行部数を2億部に届きそうな勢いで人気のある漫画「ONE PIECE(ワンピース)」(週刊少年ジャンプ連載中)。
大海賊時代に、主人公の少年ルフィは海賊王になるため、一つなぎの秘宝「ワンピース」を目指します。
その中で、航海士や剣士、狙撃手やコックなどさまざまな仲間と出会い、旅を続ける冒険活劇です。

ルフィ率いる「麦わら海賊団」は、他の悪事を働く海賊とは違い、己の信念を曲げずに突き進み、仲間を大切にし、本能で人助けをするという変わった海賊たちです。

また船長のルフィはゴムゴムの実を食べたゴム人間で、伸びたり膨らんだりすることができます。


そんなONE PIECE、現在58巻まで出ていますが、その10巻で、主人公のルフィが、ココヤシ村で長年に渡って村民を奴隷扱いしてきたアーロンと一騎打ちするときに次のような発言をします。



「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!! 航海術も持ってねェし!! 料理も作れねェし!!ウソもつけねェ!!おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!! 」



するとアーロンが次のように言います。

「てめェに一体何ができる!!! 」



そしてルフィはこう返します。

「お前に勝てる!!!」


で、ワンピース特有の効果音 ドンッ がここで入ります。


これは組織(チーム)として活動するNPOのリーダーにとって、とても大切なことだと思います。

全て自分で何かをするのではなく、自分はコレとコレとコレはできない。
仲間を信じ、助けてもらわないと何もできない。
だけどリーダーとして1点だけ、これだけはできる!というのを示しています。


しかもルフィができることというのは、皆が長年かかってできなかったこと。
ここでは、アーロンを倒し、アーオン支配から皆を解放できるのは自分だけだと言っています。


だけど普段の航海の中ではみんながいなければ海を渡れないことを告げています。


自分が何ができて何ができないか。
そして仲間が何ができて、それをチームとしてどのように力にしていくのか。

リーダーに欠かせない必要な能力ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿