2010年10月18日月曜日

津市NPOサポートセンターのメルマガ 久しぶりに復活!


津市NPOサポートセンターでは  津市NPOサポートセンターの「サポだけの話」メルマガ版  というメールマガジンを出しています。

これは、newz N-STYLEに掲載している「サポだけの話」のメールマガジン版です。


N-STYLEやブログでは書き切れないことや、緊急のお知らせなどををメルマガで発信できたらと思い発行しました。


ほぼ週刊更新!と銘打って、実際は週刊どころか、前回の発行から4ヶ月以上も空いてしまいました。
楽しみにしていただいていた購読者の皆様。
申し訳ございませ。


更新していない間に10名だった購読者が、18名に増え、ありがたいやら申し訳ないやらで、複雑な気持ちです。


そんな中、最近はNPOの広報手段としてメルマガの大切さを実感してきましたので、頑張って更新を心がけてみようと思います。


無料ですので、よろしければ下記のURLから登録お願い致します☆



▼津市NPOサポートセンターの「サポだけの話」 メルマガ版
http://www.mag2.com/m/0001098961.html



-----------------------------
↓ vol.005の内容を一部紹介 ↓
-----------------------------



漫画が好きなので、よく本屋に行きます。

本屋で並んでいる小説や漫画には、
よく「帯」というものが付いています。

「あの○○も大絶賛!2010年最も泣ける物語」とか、
「□□大賞グランプリ獲得!100人が選んだ今一番おもしろい本」とか
「その扉を開けてはならない。なぜならそこは過去に続く…」とか

その本を読みたい!買いたい!というような言葉が
帯にはたくさん書いてあります。

正直、帯につられて買ってしまった本は山ほどあります。


人生誰もが一度は
笑っていいとものテレフォンショッキングに出たら自分ならこうやって喋る
という妄想を抱くように、
自分が本の帯を書くならこうやって書くと思ったことがあるでしょう。


本の帯とは、それほど魅力的なものなのです。


そこで1つ提案です。………(続きは本編で)

0 件のコメント:

コメントを投稿