2013年3月4日月曜日

【3/9】ボードゲームから学ぶ コミュニケーション能力アップ講座



本セミナーではボードゲームを題材に、日々の生活やビジネスの場・社会活動の中で活きる有用な能力である論理的思考力、幅広いコミュニケーションスキルを学ぶ事をコンセプトとしています。

講師には、ゲームクリエイターの経歴を持ち、現在は国内最大級のボードゲーム・カードゲーム専門店すごろくやを経営する丸田 康司さんをお迎えします。

ボードゲームを用いることで、一見複雑で難解な課題を具体的に分かり易くお話いただきます。


◆開催日時:2013年3月9日(土) 13:30~15:00 (13:00受付開始)

◆場所 :津センターパレス4階会議室 『有造館』 (津市大門7-15)
※お車でお越しの方は、津センターパレスに隣接のフェニックス駐車場をご利用ください。(有料)

◆募集定員 :30名(定員になり次第締め切り)

◆受講料:1,000円

申し込み・問い合わせ先
参加を希望される方は、事前申し込みが必要です。

申し込みは、電話、FAX、メール、またはホームページの申し込みフォームからお申込みください。



【なぜボードゲームなのか?】
ボードゲームは海外では古くから愛され、子どもの情操教育から大人のコミュニケーションツールまで様々な場面で活用されてきました。
そして日本でも近年「脳力トレーニング」や「自己開発」といった人間の根源部分に対する考え方が以前にも増して重要視されボードゲームの評価や有用性が大きく見直されています。

人が集まり親交を深めるコミュニケーションツール
頭を使い如何に現状を有利に導くか論理的思考力を養う
相手の心理を読み取る事で他の考え方や物事の流れを敏感に感じ取り機転を利かす

そういった一連の流れがボードゲームには自然に詰め込まれています。
そうしてこのような図式は現実のビジネスや日常生活においても同様で多くの経験を積むことで物事の本質を捉えやすくなったり、様々な人とのコミュニケーションを円滑に図りやすくなったりします。


【講師プロフィール】
1970年生まれ。
東京高円寺にある国内最大級のボードゲーム・カードゲーム専門店〝すごろくや”代表取締役。
小学生からパソコンによるテレビゲーム開発を行い、日本初のテレビゲーム開発者養成学校「HUMAN クリエイティブスクール」第一期生を経て1991年より15年間テレビゲーム開発に従事。
携わったテレビゲームの代表作は『MOTHER 2』『風来のシレン』『ホームランド』など。
その後独立し、2006年4月に近代ボードゲーム・カードゲーム専門店〝すごろくや”を設立。
親子やカップルでにぎわう店舗展開とメディアを活用した情報発信、オリジナルゲームの企画制作、ボードゲームイベントやボードゲームを使ったワークショップの開催など、ゲームを主軸とし多岐にわたって活動、現在に至る。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

津市まん中交流館(担当:今森、福井、吉澤)

〒514-0027 津市大門7-15 津センターパレス地下1階

TEL & FAX: (059) 227-5200

Mail: tsusimin@ztv.ne.jp

URL: http://tsunpo.jimdo.com

0 件のコメント:

コメントを投稿