2013年3月27日水曜日

【報告】「~応援のかたち~想いがめぐる地域社会とは?」開催いたしました!

3月24日(日)に「~応援のかたち~思いがめぐる地域社会とは?」を開催!
津会場、四日市会場と1日に2回セミナーを行い、たくさんの方にお越しいただきました。

今回は対談形式ということで、NPOやコミュニティビジネスといった地域課題を解決する事業に融資をしているNPOバンク『コミュニティ・ユース・バンクmomo』副代表理事の長谷川様と、岐阜県郡上市で自然学校とキャンプ場を運営している『NPO法人 こうじびら山の家』代表理事の北村様に、スピーカーとしてお越しいただきました。

若くエネギリッシュなお2人のお話しに、参加者様を始めスタッフも胸を熱くさせました。












融資前、融資期間中、融資後の3点に重点をおいてお話をしていただいたのですが、お金はあくまでも切り口でありその先の人と人とのつながりが最も重要になってくるのだと感じました。

実際「夢と希望しかない!」と言い切ってNPO法人を立ち上げた北村さんでしたが、融資していただいたことはもちろんだけどmomoレンジャーの存在が大きかったとおっしゃっておりました。
(momoレンジャーとは、融資先のお手伝いを行うボランティアさんのことを言います。)

一緒にイベントや企画を考えてくれて、何より『こうじびら山の家』のことを真剣に考えてくれるそうです。

また、地域で一生懸命になっている人がいると自然と周りにも影響を及ぼすようで、北村さんがmomoレンジャーと共に頑張っている姿を見た地域の方が「自分もNPO法人立ち上げる!」と地域のためのNPO法人を立ち上げたそうです。

北村さんの熱い想いと、momoの応援しようという想いがめぐって、たどり着いた結果なのかもしれませんね。


改めまして、スピーカーの長谷川さん、北村さん、そして参加してくださった皆さまに御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿