2013年8月28日水曜日

「まちのみ」第2回 終了しました~

先日、記事に書いた缶ビール片手にまちづくりを語る「まちのみ」の第2回が無事に終了しました。



場所は津市のコワーキング&コミュニティスペース「kaidan」

kaidan(カイダン)特有のゆったりとした雰囲気の中、スペシャルゲストである阪社長のスペシャルトーク「世界のIT事情。その中で感じた地方だからこそ活きる可能性」が始まりました。



最初に阪社長が、オードリーの若林に似ているという話から、オードリー若林は向井理に似ているらしいので、A=B=Cは、A=C。
つまり僕は向井理に似ていますという話から、サイダーが好きでラムネとサイダーの違いの話などITはまったく関係のない話から始まりました。

その話を参加者は、ビールを飲んで、寿司を食べながら聞くという贅沢な空間。



独特の雰囲気の中で講義が進められていきます。



40分という短い時間でしたが、SNSから見る「共感資産」や、これから地方で生きてくるであろう「オープンデータ」についてのお話をしていただきました。
IT用語に詳しくない方のために、とても噛み砕いてお話をしていただきました。





スペシャルトーク終了後は交流会。
様々な業種の方が名刺交換し、繋がりを作っていただけたと思います。

そして新聞にも取り上げていただきました。



参加していただいた方からの提案で第3回の企画も決まったので、次回も楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿