2014年1月8日水曜日

【今月19日!】組織の中で一皮むけ成長するための本気ワークショップ4本ノック3本目!【演劇ワークショップ!】


皆さん、1年で1番寒い時期が続きますが風邪などひかれていませんか?
毎年この時期は冷え症に悩まされているスタッフの伊藤です。


さて、今月19日に

『組織の中で一皮むけ成長するための本気ワークショップ4本ノック!第3弾!~なぜ表現することや伝えることが苦手なのか?」を「こうすれば上手く表現しコミュニケーションがとれるのか!」に変える~』

と題した演劇を用いたワークショップが行われます!


「演劇なんて興味無い…」「人前に出るのは恥ずかしいし…」と思っている皆さん、お時間があれば私の経験談をご一読ください。


   ◇   ◇   ◇


実はわたくし、北欧の国・デンマークのとある学校に滞在していたことがあるのですが、その時にドラマクラスを取っていた経験があります。

…と言っても演技なんて小学校以来やったことも無かったですし、「演じるのが好き!」というわけでもありません。

でも「人と接する時に有効に働くかな、英語も少しは上達するかも…」というあまり積極性の無い理由で演じるためのクラスに参加してみました。

…でも実は最後まで取るのをためらっていました。
なぜかというと、滞在期間の最後に皆の前で発表しなければならなかったからです。


約2ヶ月間、週1回程度ですがガッタガタな英語力を駆使してコミュニケーションに関連したゲームをしたり、小さな劇を重ねたりして、慣れないながらも楽しく演じることと関わっていました。


いよいよ最後の発表の作品を手渡される時。
私の劇は「Hello」という2人劇。

初対面の人物に「Hello?」と話し、会話のきっかけを探ろうとすると、話しかけられた人物がどんどん勝手に悲観的な物語を展開していって最後は失神してしまう、というコメディ。

物語の最後は「最近は普通の会話をすることも難しい…」という旨のセリフで幕を閉じるのですが、内容も人とのコミュニケーションに関することながら、演じていて「通じ合うとはこういうことか!」と感じた瞬間がありました。


というのも、私のセリフはほとんど「Hello?」という言葉だけ。
劇中で初めて会って話しかけるシーンから、相手が妙な話を展開させ、最後失神した後まで、ほとんどハローハローを繰り返さなければなりませんでした。

でもその場の展開に合わせて強弱をつけたり、戸惑う程度を変えてみたりすると、会場の笑い声はそのHelloに合わせて起こるように!
もちろん相方さんも迫真の悲観っぷりで、皆その対比がおかしかった模様でした。

   ◇   ◇   ◇

このように1つの言葉だけでも場面場面で使い分ける(演じる)ようにすると、自分ではない誰かはその様子で状況を判断し、それぞれの思惑を抱くのだと思い、「上手くコミュニケーションを取るとは、綺麗に話すことだけではない」ということを学びました。
そしてその経験は今も私が人と接する時に効果的に働いていると感じています。

普段の生活の中でも人とのやりとりに有効的に利くと断言できる「演じる」という要素。
それに関した県内では稀な演劇ワークショップなのです。


皆様ぜひぜひご参加をお待ちしております!!



   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *




◆日 時
2014年1月19日(日) 13時~18時

◆場 所
津市市民活動センター 市民オープンステージ
(三重県津市大門7番15号 津センターパレス地下1階)
※三重交通バス 三重会館前より徒歩1分。近鉄津新町駅より徒歩15分。津市役所本庁より徒歩10分。
※自家用車でお越しの場合は、お近くの有料駐車場か市役所本庁駐車場にお停め下さい。

◆ファシリテーター
NPO法人パフォーミングアーツネットワークみえ 油田晃さん
  
◆定 員
30名

◆ 対象者
・「表現する」「伝える」「コミュニケーション」について学びたい方
・「一皮むけたい」「成長したい」「刺激が欲しい」とお考えの方

◆受講料
・一般:3,000円
・津市NPOサポートセンター会員様、同一組織から複数名参加の場合:2,500円

◆申込方法
電話、メール、またはホームページよりお申込みください。
メールの場合はお名前、住所、電話番号、メールアドレスをご記載下さい。

◆主催、申し込み、問合せ
NPO法人 津市NPOサポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7番15号 津センターパレス3階 津市市民活動センター内
TEL:059-213-7200
FAX:059-213-7201
Email:tsusimin@ztv.ne.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿