2010年8月31日火曜日

みえご縁市場の常設販売 始まります!


明日、9月1日(水)から、津市市民活動センター(津センターパレス3階)で、みえご縁市場の常設販売が始まります。

三重県の物産、そして事業者さん、生産者さんを応援している「みえご縁市場」が提供する商品の数々はまさにホンモノです。

オープン当初は商品点数が少ないかもしれませんが、それも良い意味で絞った結果と捉えていただけると幸いです。


地産地消、地域活性、農業・工業・水産業・加工業への支援、まちなかの元気づくりなどなど。
いろんな意味と価値のある販売スペースになっていくことと思いますので、皆さん、応援よろしくお願い致します。

2010年8月30日月曜日

2010年10月1日から、津市市民活動センターの印刷料金が変更します。

平素は津市市民活動センターをご利用いただき誠にありがとうございます。

新機械の導入に係る費用、日常の点検や修繕に係る費用、インク代の値上がりなどにより、2010年10月1日(金)から印刷料金やシステムを下記の通り大幅に変更いたします。
ご理解いただけますよう御願い申し上げます。

▼下の画像をクリックすると拡大します


新しい印刷機の料金は「印刷枚数」「会員の有無」によって変更します。
新印刷機は両面印刷に対応しておりますので、手間無く短時間でスムーズな印刷をしていただくことができます。

また、年間2,000円の支援会員に入っていただくと、今まで以上にお得になる場合もあります。



印刷機1は製版が必要となりますので、製版1枚につき40円頂戴します(会員は20円)。
印刷機2は製版の必要はありませんが、利用料として1回の利用につき80円いただきます(会員は40円)。

製版が3枚以上ある場合は、印刷機2を使っていただくことをオススメしております。

みなさ~ん。印刷機が新しくなりますよ!



日頃、皆様にご愛好いただいていた津市市民活動センターに設置してある印刷機ですが、耐久枚数を超えましたので、新たな印刷機を導入することに致しました。

新たな印刷機は、両面印刷ができ、フルカラーに対応した機種もあります(2台のうち1台のみ対応)。

それに伴い料金設定等が大幅に変更いたします。

料金設定につきましては、こちらをご参照下さい。

今後とも変わらぬご支援よろしくお願い致します。

津eネットショップ実行委員会開催

本日は津eネットショップ実行委員会がありました。
皆様、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございました。

話し合いの中で頂戴したご意見は、今後の企画に反映させていきたいと考えています。

2010年8月29日日曜日

「みえご縁市場 事業者説明会」も掲載されました。


「津ぅキャラサミット」が大きく新聞に出た8月21日。

その日は、サポートセンターの主催事業として「夏休み工作教室」と「みえご縁市場 事業者説明会」も開催していました。

工作教室が、津ぅキャラサミットの迫力に押されながらも新聞に掲載されたことは書きましたが、なんと、1週遅れて昨日(8/28)の中日新聞 津市民版に、「みえご縁市場 事業者説明会」のことも掲載していただきました。

ありがとうございます。

三重県、津市の埋もれた物産を開拓して販路に繋げるプロジェクト「みえご縁市場」は、手さぐりながらも新たな取り組みに向かって進んでいます。

情報等の詳細はご縁市場のブログを参考にしていただければ幸いです。

応援よろしくお願いします。

2010年8月28日土曜日

「夏休み工作教室」からみる繋がり


8月23日の伊勢新聞に先日開催した「夏休み工作教室」のことを掲載していただきました。
またZTVでも放映していただきました。

本当にありがとうございます。

中日新聞、伊勢新聞、ZTVにて工作教室の模様を伝えていただいたところ、結構問い合わせをいただきました。

イベントが終わってから問い合わせをいただくパターンというのは珍しいです。

一番多かった問い合わせが「万華鏡」について。
万華鏡を作りたいんだけどという問い合わせから、公民館での工作教室に来てくれないかという問い合わせまでイロイロ。

人を派遣してほしいというご要望は、申し訳ありませんが全て断らせていただきました。


そんな中、亀山でペーパーアートやペーパークラフトのボランティアをしている方が、工作教室の記事をみたと来館されました。
結構面白い素材をお持ちなので、ひなまつりイベントの時に何か一緒にやりたいですねという約束をしました。


こうやってイベント終了後に繋がっていくケースもあるんですね。

「つしなび。」第2回説明会



今日は「つしなび。」の第2回説明会が開催されました。
前回は女性2人、男性1人でしたが、今回は男性3名でした。

1回目と今回の説明会の間にも、「つしなび。」に関わりたいという女性が2名みえたので、個別の説明会を開催していました。

まだ、美杉の手筒花火と美里のかんこ踊りしか撮影に行ってないですが、「つしなび。」プロジェクトも大きくなり始めてきましたね。

2010年8月27日金曜日

印刷機の変更

現在、ワーキングルームに新しい印刷機を導入し、動かせるよう準備しています。
それは皆様の活動にとって、きっと大きなプラスになります。

しかしそのために、少しだけ準備のお時間をください。

本日(8/27)から、8月30日(月)14時までは、印刷機2台のうち、1台しかご利用になれません。

ご理解いただければ幸いです。

2010年8月24日火曜日

「異業種・異世代交流会」を計画する上で

今年度の新規事業の一環に「異業種・異世代 交流会」というものがあります。

これはその名の通り、異なる業種や世代の人同士で交流し合うといういたってシンプルな企画です。

ただ、かなり昔からこういった交流会があったことは知っているのですが、最近また「異業種交流会」とか、「異世代交流会」とかいう名前でブームになっているんですね。

あちこちで開催していたり、計画されていたりしています。
それなら、サポートセンターらしく、どこで差別化を図るか?ってのがポイントですね。



津市NPOサポートセンターの目的としては…

■NPO、企業、行政、個人などが繋がり交流できる場にしたい。
■若い世代との繋がりを作りつつ、先輩方との交流も図りたい。
■普段はできなような仕事の話ができるような空間を作りたい。
■ちょっとした甘酸っぱい出会いなどがあるとなお良い。

などです。


人が集まれば交流となり、交流できれば繋がりになる。
のですが、それ以上に「仕事」について、みなさんどのように考えていますか?

特に20代、30代の方々。

職場ではできない(やっているかもしれないが、もうちょっと話したい)ような「仕事」の話してみたくありませんか?

他の会社ではどうやているんだろう。
仕事をする姿勢ってこれでいいんだろうか。
NPOの人、企業の人、行政の人と知り合いたい。
自分のやっていることが合っているのかどうか試したい。

などなど。

「仕事」と「少し淡い出会い」をテーマに交流会を開催できたらなと考えています。


あと、差別化を図る相手は全国ではなく、津市内でOKだと考えています。
津市内で、サポートセンターしかやっていない交流会が開催できれば良いと思います。


そのための話し合いが今日行われました。
まずます面白い方向に向かったんじゃないかと思います。

内容が固まり次第、ブログなどでお知らせしますね。

2010年8月23日月曜日

ハコチカ・つ~つ~マーケット 移動

ハコチカとつ~つ~マーケットが、ガガガッと移動しました。

ハコちかは、今までレクリエーション室の前にあったのですが、研修室の前に移動。

つ~つ~マーケットは、カウンターの上に移動しました。

「どんな風に移動したのか気になる!」という方はぜひ見に来てくださいね☆

2010年8月22日日曜日

こんなところにも 津市NPOサポートセンタースタッフが


8月19日の伊勢新聞と読売新聞に、「中高生の希望の舞台づくり会議」の記事が掲載されました。

以前、ブログにも書きましたが、津市NPOサポートセンターのスタッフ3名は、「産業ものづくりグループ」のファシリテーターを務めさせていただきました。

なんとか形になって、そして新聞にも掲載していただいて、ホッと胸をなでおろしています。

当然、記事にサポートセンターの名前は1つも出てきませんが、こういう見えない部分にもスタッフが関わっていたりします。

「津ぅキャラサミット」の迫力に圧倒されながらも


8月22日の中日新聞 津市民版に、昨日開催した「夏休み工作教室」のことを載せていただきました。
ありがとうございます。

見切れていますが、上の方にかなり大きく「津ぅキャラサミット」のことが書かれています。
テレビ欄の裏のページにまで、津ぅキャラサミットが載っています。


そんな圧倒的な存在の下に、工作教室の記事が載っていますので、中日新聞で津市民の方はご確認いただけると嬉しいです。


また、工作教室の模様は、8月23日18時からZTVでもチラッと流れるそうなので、そちらもチェックしてください。

2010年8月21日土曜日

夏休み工作教室&みえご縁市場事業者説明会

今日は、同じような時間帯に、津市NPOサポートセンター主催で2つの催しを開催しました。
ただでさえ人手不足なのに、なんて無謀な…。

1つめは13時~16時まで開催していた「津市NPOサポートセンターの夏休み工作教室」。



70名を超える参加者で大盛況でした。
一番人気は万華鏡づくり。
次いで、リベットくん、デコシールづくり、オリジナルうちわの順でした。

写真はオリジナルうちわの制作。
表には顔写真が載り、裏面には自由に絵を書くことができました。

親子の絆を深め、ものづくりの面白さが伝わっていれば嬉しいですね。



2つめは14時~16時過ぎに行われた「みえご縁市場 事業者説明会」です。


約10の事業者・生産者の方に、みえご縁市場プロジェクトの想いや今後の展開などをお伝えさせていただきました。

一部の物産を使っての試食会や、事業者さん同士の情報交換会などもあり、しっかりと方向性を示しながらも、和気あいあいとした雰囲気の説明会となりました。


親子に物産事業者。
まったく関わりがない2つの対象ですが、主催は同じ津市NPOサポートセンターです。

一見関わりがないように見えて実は後々繋がっていく…。
いや、すでに繋がっているのかもしれません。


これからの津市NPOサポートセンターの展開にご期待ください。

2010年8月20日金曜日

夏休みの工作の宿題は済んだ? 明日は「夏休み工作教室」です。


明日はついに「夏休み工作教室」です。

現在、一生懸命準備中~。

ペーパークラフト、オリジナルうちわ、デコシールづくりなど各作品500円で、当日参加もOKです。
無料の科学教室も同時開催。

詳細はこちら

2010年8月19日木曜日

~地域の未来を一緒につくりませんか~

以前ブログに書いた、ソーシャルビジネストライアルの続報です。


───────────────────────────
~地域の未来を一緒につくりませんか~

●ソーシャルビジネストライアル 東海・北陸リーグ●
○ビジネスプランコンペ参加者募集 受付開始!○
http://blog.canpan.info/sbleague-th/

───────────────────────────


ソーシャルビジネス─。
自らの働きを通して、地域・社会の課題を解決する。
地域資源の活用を通して、地域に新しい循環を生み出す。

その一歩を踏み出そうとしている東海地域の起業家たちの、
熱い想いが詰まったビジネスプランを発表するするコンペを、
9月に開催します!

当日は、審査員のみならず、来場のみなさんからも、
応援したいプランを投票していただきます。
ビジネスプランを「評価」する場ではなく、地域の起業家たちと
みなさんの「志縁」が繋がる場にしたい・・・そういった願いを抱き、
会場でお待ちしております。

地域の未来に一票を投じたい!そんなあなたのご参加をお待ちしております!


■□■ 三重会場 ■□■

日時:2010年9月11日(土)
13:00~17:00(12:30開場)
※17:00~18:00は交流会を実施

会場:メッセウイング・みえ 2階 中研修室
http://www.messe-mie.jp/access.html

参加費:無料(交流会は実費500円)


■□■ 愛知・岐阜会場 ■□■

日時:2010年9月25日(土)
13:00~17:00(12:30開場)
※17:00~18:00は交流会を実施

会場:栄ガスビル 5階 大会議室
http://www.gasbldg.net/index.html

参加費:無料(交流会は実費500円)


■□■   申込方法   ■□■
ソーシャルビジネスネットワーク大学
東海・北陸キャンパス(起業支援ネット内)宛に
以下の内容を添えて、お申し込みください。

1.氏名
2.所属(あれば)
3.住所
4.電話番号
5.FAX番号(あれば)
6.E-mailアドレス
7.参加会場(三重会場or愛知・岐阜会場)
8.交流会参加有無

申込先:
ソーシャルビジネスネットワーク大学 東海・北陸キャンパス
(特定非営利活動法人起業支援ネット内)
電話:052-486-4101  FAX: 052-486-4103
E-mail:aile@npo-kigyo.net


■□■ 当日プログラム ■□■

12:30  会場受付開始

13:00  オープニング

13:15  事業プランプレゼンテーション

15:30  投票
☆事業プランを聞いて、どのプランに共感し、
サポートしたいか、会場から投票を募ります。

15:45  ~休憩~

16:00  プチ起業市場
☆事業プランを聞いて感じたこと、気付いたことを
起業家にフィードバックする時間です。

16:30  クロージング

17:00  交流会
☆起業家や審査委員、他の参加者と自由に交流する時間です。

18:00  終了

※一部変更になることがあります。

┏┓
┗■主催(申込先)
ソーシャルビジネスネットワーク大学 東海・北陸キャンパス
特定非営利活動法人起業支援ネット
電話 052-486-4101  FAX  052-486-4103
    メール aile@npo-kigyo.net

※この事業は、内閣府「地域社会雇用創造事業」の交付金を受けて
実施しています。

2010年8月18日水曜日

中高生の希望の舞台づくり会議 2日目


本日(8/18)は、「中高生の舞台づくり会議」の2日目でした。

1日目の現場実習や講義とうってかわって、2日目は、三重県総合文化センターで1日目を思い出しながら4時間近くかけて意見を出し合い、知事にその成果(提案)を発表するという内容でした。

また、北の産業ものづくりグループ、南の自然文化グループが初めて顔を合わす日でもありました。

北のグループに比べ、南のグループは中学生率・女子率が高かったですね。

ファシリテーターとしての反省点はイロイロありますが、なんとか形にして発表することができたのではないかと思っています。
北の発表は、商店街の空き店舗に対する意見と、工場見学の感想や、もっと楽しい工場見学をすることで、中高生は地場残業に興味をもつといった提案を行いました。


あと南のファシリの西井さんはさすが!の腕前でした。
いろいろ勉強になりました。


今回参加した中高生にとって、この経験は将来に結び付くプラスになったと思いますが、それと同等に、ファシリテーターとして参加したスタッフも大きく成長できたのではないかと感じました。


県庁の皆さん。
南のファシリテーターの皆さん。
参加者の皆さんとその親御さん。


本当に良い経験をありがとうございました。

中高生の希望の舞台づくり会議 1日目

現在(18日の夜中1時)、四日市の宿泊先からiPhoneを使ってブログを更新しています。
8月17日、18日は、県民しあわせプラン 第三次戦略計画の一環で中高生が知事に意見を提案する「中高生の希望の舞台づくり会議」が行われています。

四日市を中心とした北の産業ものづくりグループと、松坂を中心とした南の自然文化グループ。
参加している中高生を2グループに分けて、意見をまとめ、知事に提案するという内容です。
サポートセンターからはスタッフが3人、産業ものづくりグループのファシリテーターとして参加しています。

北のグループでは、17日、朝から商店街や世界で活躍する工場など6カ所を回りました。
18日は津に戻って意見をまとめます。
上手くまとめることが最良とは言いませんが、何かしらの形にはしたいですね。

2010年8月14日土曜日

「センパレ通信」ってご存知ですか?


津市NPOサポートセンターの事務所は、津市市民活動センターの中にあります。
津市市民活動センターというのは、津センターパレスというビルの3階にあります。

地元の人は、この津センターパレスを「センパレ」という愛称で呼んでいます。

そんなセンパレの1階入り口に、数か月前から「センパレ通信」という通信が設置されることになりました。
お客様に少しでもセンパレの情報を…!という想いでセンパレ職員の方が一生懸命作られています。

それは知らなかった!という方はぜひ一度手にとってみてください。

2010年8月13日金曜日

インターンと「つしなび。」打合せ

12日、13日の2日間、市役所経由でインターンが2名みえました。
そして同じくその2日間に「つしなび。」の打合せを行いました。

普段はインターン制度をとっていない津市NPOサポートセンターですが、8月は市役所経由でインターンが結構きます。

今年は5日間!
12日~13日と、16日、18日、20日です。
少しでもNPOの何かや津市への想いなどを持って帰ってもらえたら幸いです。

そして15日は「つしなび。」とネットショップの関係で美里へ行ってきます。

「つしなび。」も少しずつ形になっていっています。
期待はせずに楽しみにしていてください。


さて、そろそろちゃんとした法人のWEBサイトを作らねばと思いながら、ズルズルと3ヶ月以上が過ぎてしまいました。
事業がたくさん始まってきたので形にしないといけませんね。

2010年8月11日水曜日

今日は「NPOのための会計プチ講座」でした


今日は「NPOのための会計プチ講座」を開催しました。

講師にボランタリーネイバーズの中尾さゆりさんを招き、NPO会計の基礎をお話していただきました。

1時間という短い時間だったため、講座自体はかなりコンパクトにまとめていただきましたが、その後の相談会では、団体の悩みにそった具体的なアドバイスをしていただきました。

参加した団体の方が少しでも会計に対しての不安を取り除けたら、開催した意味がありますね。


参加者からはエクセル(関数やピポット)などの使い方も一緒に教えてほしいという声がありました。
その辺りもまた検討していきたいですね。

2010年8月10日火曜日

「夏休み工作教室」のことを中日新聞さんに取り上げていただきました


本日(8/10)の中日新聞 津市民版に「夏休み工作教室」のことを掲載していただきました。
ありがとうございます。

お陰様でググンッと申込状況に変化があったので、報告します。


現在の申し込み状況は…

(1)動くペーパークラフト リベットくん … (残り24枠)
(2)オリジナルうちわ作り … (残り28枠)
(3)万華鏡づくり 23(残り7枠)
(4)デコシールづくり … (残り26枠)


各教室は、13:00からの部、13:30からの部、14:00からの部、14:30からの部、15:00からの部、15:30からの部の6つの時間帯があり、各時間帯5名を定員としています。


「万華鏡づくり」は、13:30からの部、14:00からの部が定員となったので締め切らせていただきます。

万華鏡だけでなく、他の教室もココでしか作ることができないオリジナリティ溢れる作品ばかりですので、きっと皆さんの満足していただけると思います。

また、同時開催している無料の科学教室も、事前申し込みが必要です。


昨年の傾向では、当日に70名ぐらい申し込みがあったので、やりたい内容がある場合は早めに押さえてくださいね。

明日は「NPOのための会計プチ講座」


明日(8/11)は、NPOのための会計プチ講座です。

お陰様で、5団体6名の方にお申し込みいただけました。
当日参加もOKですので、時間ができたので話を聞きたい!という方はぜひお越しください。

参加費は無料です。

内容は、


・NPO(法人)の会計の目的
・NPO(法人)の決算書の特徴
・お金の管理に最低限必要なもの
・科目と事業区別
・会計担当者の役割

などを、講師の中尾さゆりさんにお話していただきます。

皆様のご参加お待ちしております。

2010年8月8日日曜日

「つ~つ~マーケット」という取り組み


津市NPOサポートセンターの事業に「つ~つ~マーケット」というショップがあります。
ショップと言っても、こじんまりとしたものですが。


つ~つ~マーケットは、地元の作業所や授産施設、NPO団体やボランティア団体の活動資金を稼ぐ場として4年前に誕生しました。

当初は3階の津市市民活動センターに設置してあったのですが、今ではセンターパレス地下の「津市まん中交流館」に移動しています。


つ~つ~マーッケトに置いてある商品を購入すると、その売上が出店している団体や作業所などに支払われます。


このようなタイプのショップは、福祉系やフェアトレード系、環境系の商品が中心になることが多いのですが、つ~つ~マーケットではまちづくり系の商品も取り揃えています。


現在は、

・「えこばんび実行委員会 ふぁじぃ」から、EM石鹸、EMぼかし、犬用の鹿肉ジャーキ
・「ツヨインジャー倶楽部」から、ツヨインジャーDVD
・「三重県デザイン協会」から、シロモチくんグッズ、藤堂高虎ゆかりの地写真集

・「三重ドリームクラブ」から、とらまるくんグッズ
・「フリースクール 三重シューレ」から、ポストカード
・「SP-ring」から、小冊子

・「いなば園」から、さをり織のカードケースやポーチ、ペンケース
・「ラポール」から、エコ石鹸、ポストカード
・「ありんこ工房」から、携帯ストラップ、ポケットティッシュケース

・「広河隆一非核・平和写真展事務局」から、マトリョーシカストラップやマグネット
・「RAWAと連帯する会」から指輪

などが出品されています。


お近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。

2010年8月7日土曜日

夏休み工作教室 申し込み状況


4つの教室があって、各定員30名の「夏休み工作教室」。
8月21日(土)13時~16時で開催します。


現在の申し込み状況は…


(1)動くペーパークラフト リベットくん(残り26枠)
(2)オリジナルうちわ作り … (残り28枠)
(3)万華鏡づくり 11(残り19枠)
(4)デコシールづくり(残り26枠)


昨年の傾向では、当日に70名ぐらい申し込みがあったので、やりたい内容がある場合は早めに押さえてくださいね。

「努力したものが全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」



昨日の「みえNPO検討会」の報告をしようかと思いましたが、議事録が近いうちにネットにあがるそうなので、その時の方が良いかと思い、今日は別の話題にします。

今日は久しぶりに「漫画からみるNPO」シリーズ。
第4段。

「安西先生。バスケがしたいです。」(スラムダンク)ぐらい有名な言葉。


「努力したものが全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」


これは週刊少年マガジンで連載中の人気ボクシング漫画「はじめの一歩」に出てきた名言です。

はじめの一歩は、母子家庭でいじめられっ子の幕之内一歩が、プロボクサーの鷹村守と出会い、鴨川ジムに入門し、一流のボクサーとなっていく過程を描いた漫画です。

なんと単行本は、以前紹介したワンピースやドラゴンボールを遥かにしのぐ91巻!
スゴイですね。


タイトルの言葉は鴨川ジムの会長 鴨川源二が、初めての世界戦に臨む鷹村守に送った言葉。


何の説明もいらないぐらいシンプルで、胸にグッとくる言葉ですよね。

ちなみにWikiに書いてあったんですが、この言葉はマガジン発行元の講談社週刊少年マガジン編集部にも張り紙されているらしいです。

2010年8月6日金曜日

NPOの新しい動きを議論する「みえNPO検討会」


本日(8/6)、19時より第1回目が開催される「みえNPO検討会」。

▼みえNPO検討会って何?▼

(サイトより抜粋)

三重県内で活躍する中間支援の若手・キーマンたちが集まり、2010年8月から2011年3月までの全12回にわたって「みえNPO検討会」を開催し、NPOに関する全国各地の新しいうごきを知り、議論します。
 「人々が社会に参加する」「社会のしくみを変えていく」「社会の資源のながれをつくる」という3つの視点から、NPOが新しい社会の主体になる方法と可能性を公開で検討しますので、ご来場ください。

ということです。


検討委員は…


端無徹也  東紀州コミュニティデザインセンター 事務局長 
東原達也  志摩市民活動通信 sanpo 代表 
浦田宗昭  いせ市民活動センター センター長

米山哲司  特定非営利活動法人Mブリッジ 理事長 
川北 輝  特定非営利活動法人津市NPOサポートセンター 理事長 
佐藤貴宜  特定非営利活動法人市民ネットワークすずかのぶどう 事務局 


松井真理子 四日市NPOセクター会議 議長 
金 憲裕  特定非営利活動法人市民社会研究所 副代表理事
近藤順子  特定非営利活動法人みえきた市民活動センター 理事 


中村伊英  まちづくりNPO ウィリアム・テルズ アップル 前代表
坂本直司  特定非営利活動法人なばりNPOセンター 理事 
山本康史  特定非営利活動法人みえ防災市民会議 議長 


竹村 浩  特定非営利活動法人三重県子どもNPOサポートセンター事務局長
浅野 聡  特定非営利活動法人みえNPOセンター 評議員
市川岳仁  特定非営利活動法人みえNPOセンター 評議員



津市NPOサポートセンターからは川北が検討委員として出席します。

さて、このそうそうたるメンバーの中で果たして発言できるのかどうか…。
不安で仕方ありません。
報告は後日!

2010年8月4日水曜日

アプリケーション

〔何かメモのようなブログ〕

NPOの新しい仕組みや見せ方として、「アプリケーション」という考え方があると思っています。
iPhoneを初めて手にして、その想いや考え方がまとまり始めてきました。



1つの場所がある。
そこには一定のルールに従って自由に参加できる。

参加者は利用者に対してプログラムを提供する。
プログラムは無料でもいいし、有料でもいい。

場所(プラットフォーム)を提供する管理者は、参加者から一定額の使用料をとってもいいし、売上のパーセンテージでもらってもいい。

参加者は、いかに自分たちのやっていることが複雑でスゴイことかを見せることに価値はないと考え、シンプルに見せ、生活に密着していることを実感してもらうことに意義を見出す。

管理者は一定のルールに従って仕組みを売り出す。
利用者がどのプログラムを購入したかが一目でわかるように名刺サイズのカードを作る。
カードを収納するファイルも配布する。

システムやプログラムは、「独占」するよりも「共有」することに価値がある。

見せ方(広報)、料金設定(資金)、内容(企画)、継続性(人材)など、活動の全てに繋がる要素となる。

きっとそれがNPOにとっても、地域にとっても意味のある仕組みになる。



なんのこっちゃわからないですが、頭の中でまとまりそうなものを少しだけ書きだしてみました。
企画を考える段階の脳って、こんな感じでたぶん自分にしかわからない言葉でアメーバーのようにグルグル形を変えて動いています。

それをそのまま吐き出してみました。

でも本当はそこにあまり意味はなく、ちゃんと伝わるように形成しないといけません。
自分だけがわかっていても意味はなく、誰かに伝わるように表現する。
それはとても困難ですが、通じた時の喜びは何事にも代え難いものがありますよね。


そのうち、まとまったら、またちゃんとブログで報告します。

たまにはこんなブログもいかがでしょうか。



--- info ---

2010年8月3日火曜日

「包むことを隠さない」=「包み隠さない」 講座・イベント・キャンペーンの現状報告



最近、周りが急速にiPhone4化しています。
うちのスタッフも3人がiPhone4に変えて、MIDDLEの羽津本もiPhone4に変えてました。

おそるべし。

しかしNPOの世界も、iPhoneを見習って、「オープンソース」「アプリ」「共有」というキーワードを活用するともっとおもしろいことになると考えていますが、今は独り言のレベルです。


さてさて。

現在、津市NPOサポートセンターでは2つの募集企画と2つのキャンペーンをやっていますので、その現状を包み隠さずお伝えしましょう。


----------


【1】NPOのための会計プチ講座

8月11日(水)10時~11時、津市市民活動センター2階 会議室3にて開催するNPOのための入門的な会計講座です。

定員10名のところ現在の申し込み状況は3名。
残り7席です。

本気で会計に悩んでいる団体、会計の基礎を知ろうとする団体は今までいろんな団体を見てきた経験から伸びます!

会計の本とにらめっこする前に、まずこの講座にご参加ください。

詳細はこちら


----------


【2】夏休み工作教室

皆様のニーズに応えて、今年も夏休みの工作教室を8月21日(土)13時から開催します。
工作は全部で4種類。
定員は各30名で、参加費は各500円。

現在の申し込み状況は
(1)動くペーパークラフト リベットくん…2名(残り28枠)
(2)オリジナルうちわ作り…2名(残り28枠)
(3)万華鏡づくり…9名(残り21枠)
(4)デコシールづくり…4名(残り26枠)

昨年の傾向では、当日に70名ぐらい申し込みがあったので、やりたい内容がある場合は早めに押さえていただくことをオススメします。

詳細はこちら



----------



コミュニティレストラン「O+」にて開催しているお得なキャンペーン。
食べに来ていただいた方の中から、毎日2名の方に、次回から使えるランチ半額券が当たります。

すでに20名近い方に半額券が当たっています!

会計時にクジをひいてもらうので、いつ会計をするかが結構重要です。

先日は11時台に来たお客様が1人、13時台最後のお客様が1人当たるという結果もありました。
今日は12時台のお客様2人に。

また、ランチは11時台や13時台が空いていますので、ゆっくり過ごしたい方は12時台を避けていただくのがベターです。
確実にランチを食べるには、予約していただくのがベストです。

皆様のご来店、お待ちしております。
なお、キャンペーンは8月31日までです。





----------




100円であのハコチカの商品をGETできるかもしれない!?という赤字覚悟のキャンペーン。
当たる確率はクジをひけばひく程変化していきます。

最初は50分の5の確率からスタート。
8月3日現在の確率は38分の3。

そう。
すでに当たりが2つも出たんですね。
それほど高い確率でもないのに、なんて強運の持ち主なんでしょう。

1,000円を超える商品もありますので2~3回ガラガラ回して当たればラッキーですね。

あなたの運、試してみませんか?

詳細はこちら


----------



--- info ---

2010年8月2日月曜日

ガチャガチャが福引みたいだったら面白くないですか?


ハコチガチャガチャ」。
センターのスタッフが考えたネーミングです。

ということで、今日から津市まん中交流館にてハコチカのキャンペーンが始まりました。

その名も「ハコチガチャガチャ」。

100円払ってピンクのガラガラを回せば、ハコチカの商品を1つプレゼント!?という企画です。
ただしハズレもあります。
世の中厳しいです。

キャンペーンの詳細はこちら


商品の中には1,000円以上するものもありますので、ぜひ狙ってみてください。


ちなみに当たる確率は最低10分の1。
当然のことながらハズレがたくさん出れば、当たる確率はあがります。

8月2日19時45分現在の確率はなんと9分の1。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。



--- info ---

2010年8月1日日曜日

創刊号の尖った感じとは違い、今回は優しい感じがします。それは…



最近、「おはよう」とか「こんにちは」の代わりに、「暑いっ」という挨拶が流行っているようです。
「暑いっ!」と言われると、そこには全てのストーリーが埋め込まれているような気がします。

例えば、津市市民活動センターで利用者の方が紙袋をさげてカウンターにみえて「暑いっ」と言えば、

『こんにちは。今日も本当に暑いなぁ。本当はこんな日には家でクーラーかけてゆっくりしたいけど、行事が近いから印刷のために市民活動センターまで歩いてきたよ。それにしてもココは涼しいいなぁ。でも今日は印刷の枚数が少ないからすぐにこの涼しい場所ともオサラバだ。』

という意味を込めてますね。

たった「暑い」の一言が。


そんな津市の「アツイ」雑誌といえば今注目のMIDDLEでしょう。
表紙は夏をイメージした爽やかなデザイン。

以前に津市市民活動センターのブログで少しだけ入荷したことを書きましたが、昨日、正式に大量入荷しました。
ドドーンと40冊。

創刊号とは違い、今号は優しい風が吹きぬけるような内容になっています。

どんな内容かは見てのお楽しみ。

創刊号もまだ少しだけ置いていますので、MIDDLEを初めてご覧になる方は創刊号と第2号、両方お買い求めになられるのが吉だと思います。

1冊300円。
2冊で600円。

なんと700円出したらお釣りが戻ってくる!
650円出してもお釣りが戻ってきます。
610円でも。


ちなみに津市市民活動センターに置いてあるMIDDLEが売れれば売れるほど、センターでキャンペーンが行われる確率が高くなります。
そういう仕組みです。


MIDDLE第2号は、津市市民活動センターと津市まん中交流館で、MIDDLE創刊号は、津市市民活動センターで購入することができます。



--- info ---